IELTS7.5への道&からの道&哲学の道

純ジャパがIELTS7.5を目指す英語学習ブログ→達成してからの英語学習ブログ→哲学勉強ブログ

6/25

ヘーゲルの入門書、入門の入門な新書を読んだあとだと、まえは0.5%しかわからなかったのが10%くらいわかるようになった。少しずつでも進歩してる…!

ガチガチなヘーゲルをやってるとドゥルーズとかデリダとかやりたくなる…。デリダの入門書(物理)を楽天ブックスで購入。あとメルロ=ポンティの入門書を読んでた。これ、面白い!なんか脳科学とかとも繋がってる感じ!鷲田清一の書いた入門書で、高校生のときは鷲田清一は何言ってるか分からなくて苦手だったけど、今読むと、めちゃめちゃ分かりやすく書いてくれてるじゃん…って感じ。

6/23

ウィトゲンシュタインの復習少し。ヘーゲルの新書読み終わった!ガチガチに理性で支配する「近代!!」ってことがわかった。そこからはみ出してくるものを考えたら「現代!!」って感じになるのかな。ヘーゲルやってたらデリダやりたくなる…。読みたいもの多すぎて時間とエネルギーがついていかない〜!

6/22

復習復習。ハイデガー、「気遣い」って、関わり合ってる、て感じの意味でいいのかな!?ハイデガーハイデガー用語が多くてナァ…。

ヘーゲルは「その時代の西洋人」の考えだから、「この時代の東洋人」の我々とは感覚が違うところが大きいから、その時代の西洋人の考えを知って読まないとわからない。ヘーゲルの新書で、ほかの入門書の理解も深まったかも…。

ハイデガーとかヘーゲルとかやってるとラカンの勉強したくなってくる。

6/21

ヘーゲルの新書、読むとわかりやすい…。ヘーゲル弁証法デリダ脱構築、これは初見のとき似た印象を持ったけど、なるほど全然違った。ヘーゲルは正、反、合を繰り返して円環をつくり、キッチリした体系を作りあげていく感じだけど、デリダ脱構築はグチャグチャのものをグチャグチャのまま把握する…みたいな感じであってるのかな!?

 

そのあと、やたらとメルロ=ポンティのことが気になって本を1冊買っちゃった。移動が多いし、1冊の本をジッと読むより色んな本を行き来するから、電子書籍が助かる〜。

6/20

新書でヘーゲルの易しそう~な解説書を読む。「ヘーゲルのいう『学問』て何なんだ!」という疑問がちょっとだけ解消…。

「肉食の道徳的問題」動物の権利、功利主義的視点から最大多数の最大幸福に反する、環境負荷が高い。