IELTS7.5への道&からの道&哲学の道

純ジャパがIELTS7.5を目指す英語学習ブログ→達成してからの英語学習ブログ→哲学勉強ブログ

2/6

dent 凹み

いつも異文化交流を楽しんでいるボスニアの日本大好きおじさん講師に「日本ではバレンタインデーにチョコレートを交換するんだよ。独特だよね」と話したら、

 

色んなウェスタン文化、クリスマスとかハロウィンとかあるけど、ギフトを送れとかツリーを飾れとか、コスチュームを買えとか、商業化されすぎている!僕は厳しい宗教的な人間じゃないけど、商業化されたイベントにはイライラするんだ(そういうイベントをannoyingと表現してた)

 

とアツく語り始め、向こうもノンネイティブで英語力は大して差がないくらいだから時折言葉を探して止まったりしながら話すので、うんうん、それで?と言葉を待って聞く。彼はエキサイトしてきた自分が急に恥ずかしくなったようで「うーん、うまく説明できない。いいや、チョコレートの話しよう!」と言いだすので、いやいや、話聞かせてよ!と言うと

 

僕は違う文化に興味があるよ。でも別にそれを実際やるのとは違う。節分の話は聞いて面白かった(先週ちょうど節分の話をした)けど、別に自分で節分をやるわけじゃない。あなたはどうなの!?オーソドックス(正教)のクリスマスの話を聞いて、オーソドックスのクリスマスをやるの!??

 

とアツくお話されるので

 

わかるよ〜違う文化を知識として知りたいってことでしょ。好奇心があるってことと実践することは違うよね。わたしもオーソドックスのクリスマスの話聞くの面白いけど別にやらないし。

 

と言ったら伝わったことに納得していただけたようだった。興奮して話したことを恥ずかしがって「今度はチョコレートの話しようね」とか言ってて笑った。その人のプロフィールにI'm a good listener.って書いてあるけど、わたしがgood listenerじゃんと思った。同じくらいの英語レベルのノンネイティブと異文化会話するのめっちゃ面白くて好き。