IELTS7.5への道&からの道&哲学の道

純ジャパがIELTS7.5を目指す英語学習ブログ→達成してからの英語学習ブログ→哲学勉強ブログ

5/19

現代思想の新書読んだり、過去問したり。クセノファネス…古代ギリシャの哲学者でエレア派の創始者。「全ては一つである」という命題を初めて語った。単一で不変の神について語り、擬人化された多神教の神を批判した。

第三人間論…アリストテレスプラトンイデア論を批判するのに用いた手法。例えばソクラテスは人間で、人間のイデアをもつが、人間のイデアを個物と考えれば、ソクラテスと人間のイデアを包括するイデアが必要になり、無限背進する。というもの。

 

ベルクソンの基本概念…純粋持続、生の跳躍、愛の跳躍。純粋持続とは、言葉や記号を取り去って内省すると求められる意識や自我。生の跳躍は、「創造的進化論」のなかで使われた言葉。スペンサーの進化論的哲学に反対し、内側から生物の進化の原動力となるエネルギーとして用いられた。生の跳躍を宗教的・倫理的に指示したのが愛の跳躍。