IELTS7.5への道&からの道&哲学の道

純ジャパがIELTS7.5を目指す英語学習ブログ→達成してからの英語学習ブログ→哲学勉強ブログ

5/25

昨日は書きわすれた。

ハイデガー存在と時間」の解説本を読む。現存在とは、存在への問いを問う存在者。自らが存在していることにbe awareであり、それについて疑問を持つ存在者。実存とは個別の生のあり方、ほかと違う主体的な生のあり方である。

「存」「在」の字がゲシュタルト崩壊してきた。かなり言葉のニュアンスの色味の違いが意味を持つから、やっぱり、掘り下げたい分野は原著で読まなければ行けないんだろうな。ラカンをやるならフランス語か…。ぼ、ぼんじゅーる、、、