IELTS7.5への道&からの道&哲学の道

純ジャパがIELTS7.5を目指す英語学習ブログ→達成してからの英語学習ブログ→哲学勉強ブログ

5/27

存在と時間」の解説本読み終わった。死を意識することで「ひと」として生きていた現存在が個別の生に向き合うようになるって…私が緩和ケアを選んだ理由と同じじゃん!!自分を「ひと」としての生き方だけで甘んじさせず、自分らしくさせようという「良心」の呼び声という意識はなんか納得。何となくニーチェっぽさを感じた?非合理主義→生の哲学実存主義 の系譜だからかな。

ハイデガー歴史観は賛成できかねる…