IELTS7.5への道&からの道&哲学の道

純ジャパがIELTS7.5を目指す英語学習ブログ→達成してからの英語学習ブログ→哲学勉強ブログ

10/29,30

昨日は夜ふかししてて眠くて書かなかった😂

内田樹「他者と死者 ラカンレヴィナス」途中まで。子どもの欲望、子どものディスクール、これは後で「人はみな欲望する」を確認しとこ。ここで話されてる「師」とは大文字の他者、「時間的な遅れ」は大文字の他者に対して感じるもの、ってことかな?

今日は脱構築とパフォーマティヴィティの講義を聞いて、あー!?そういうことなのね!?と納得。反復というものの意味もわかった。講義を聞くと理解が深まって(・∀・)イイ!!