IELTS7.5への道&からの道&哲学の道

純ジャパがIELTS7.5を目指す英語学習ブログ→達成してからの英語学習ブログ→哲学勉強ブログ

11/22

イデオロギーの崇高な対象。物自体は無、背景には何もない、ファルスは「欠如」のシニフィアン。欠如のシニフィアンであるファルスの背後には何もない、ってことが繰り返し繰り返しいろんな方法で言われてる、ということがわかった。ファルスと対象аはいつも混同してしまう。ラカンセミネール「転移」は、強迫の構造をもう一度確認したほうがいいな。もう一度「人はみな妄想する」読んでおこうかな。